忍者ブログ

このブログは・・・WizONメリィ鯖で活動しているねーさんが適当日記を書く場所・・・

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013/06/16 (Sun)
若き頃の姉さまのファイター経験を活かしたファイター講座。




皆様、ご機嫌いかがでしょう。

姫と呼ばれているお姫様ですよ。


せっかくの休日なのに暇過ぎてやることないのでこんな講座を開きます。


写真は関係ありません。

・・・なぜ姉様ではなくて私が説明するのですって?

ご自分で想像しやがれください。

あと本人。文力がないのでとても稚拙な文章です。こらえてください。


あとあくまでわたくしなりに解釈したファイター感覚です。


これは違う。みたいなことあったら黙って生暖かい目で見守ってください。


では始めて行きましょう。

まずファイターの特徴というか。そんな感じのものを箇条書きで挙げていきます。

----------------------------------------------------------------------

・様々な武器を装備できることにより、状況によって柔軟に立ち回れる。

・前衛。昔からファイターがいないと始まらないことが多い。

・ゆえにとてもダメージを一番受け易い職業。全員分、あるいはほとんどの攻撃を受けきらねばならない。

・ぶっちゃけどれくらい固くても、一斉に攻撃されれば溶けたりする。

・硬いだけではなく、火力も兼ね備えている。

・たのしい。

・ぶっちゃけ侍より。

・戻りたい。

・でも縮地もどったら侍の方がたのしい。






こんなところですか。

ではこういった前衛がいないとどうなるかというと・・・


グロ。だみ。お願いします。






グロ「焼肉するでしゅ。」

だみ「おい、火がないぞ。焼けれん。」

グロ「おうち帰るでしゅ・・・」




・・・というように、目的があっても出来ないということになります。

安置狩りとかいう手もありますが、そういった話はここではお門違いなのでやめましょう。


えっとですね、つまり何が言いたいかというと。

PT内の司令塔。もはや主軸となる存在ですね。

ていうかこの辺はもう皆様は十分理解なさってることでしょう。

次行きます。

説明が面倒になったわけじゃありませんよ。





次はファイターの中でもっとも重要なヘイトの話でも。



まずヘイトの貯まりやすさ、抜けやすさについて説明しましょう。

軽くヘイトについてまた箇条書きしてみましょう。

----------------------------------------------------------------------------------

・敵に見つかると、ヘイトは全員0からスタート。

・ヘイトの貯まりやすさの順番は「プロヴォ>ダメージを喰らわない=一度に高火力を与える>火力を与える」

・ダメージを食らうとヘイトの減りは想像以上に大きい。

・ぶっちゃけヘイトを維持しつづけるのはほぼ不可能。

・烏龍茶。




こんなところですか。

ではヘイトの取り方を姉様が立ち回って利用してたテクニックというか。

なんというかそんなものを紹介というか。言ってみます。



まずプロヴォの仕方ですね。

まず戦闘開始するといたしましょう。初手ですね。

そこでは全員誰も攻撃してないので当然0からスタートします。


いきなりプロヴォをするのもありでしょう。安定ですね。

ですが状況によってはいきなりプロヴォをしないという手もあります。



ではどんな状況か?それは敵が一体のみの時、あるいは固定ヘイトという敵がもってる特性を持っているときです。

固定ヘイトについてはあとで説明していきましょう。


まず敵が一体のみの時ですね。

例えば初手にグロがFAを撃ったとしましょう。

4000ダメージほどでました。すごいですね。

当然敵はグロのほうへ振り向き、たったか走って行きますね。


そこですかさず姉様が後ろから突っついたとしましょう。

1200ほどダメージが出ました。貧弱ですね。


ですが明らかにダメージ負けしてるにも関わらず、こちらに振り向くのです。










なんででしょうね。そのへんよくわからないので検証したい人は検証してみてください。

ぶっちゃけわたくしはそういうの検証するのとても面倒なタチなので。

そうなるんだからいいじゃないですか。


話を戻します。


このテクニックを使う状況はというと、プロヴォのCTは30秒と割と長いのでタイミングなどを間違うと。

事故が起こったりすることもなかったりすることも。

そこで収めたいところは、プロヴォ1回分で殺しきれるという願望というか欲望というか執念ですか。

知りません。


えっとですね、ですから何が言いたいかというと。

敵にHPが100%からヘイト引けるのではなく。

95~90%から前衛としての仕事を始めれるということですかね。

うまく言えませんが、適当に想像しやがれください。



次はヘイトの維持の仕方ですか。


正直、これは姉様はもともと攻撃型のビルドでしたので、うまく説明できません。

ですが一番なことは、やはりプロヴォ連打とダメージを受けないということですね。


盾でガードしてヘイト抜けをごまかすという手もあります。

いつまでも盾が持つわけありませんが。


姉様がとっていた行動は、敵をとにかく壁に押し付けることですね。


壁が遠い場合は、自分が壁側まで走りましょう。

そして壁にむかって真正面に突っつくのではなく、

壁から斜めに向かって突く、かつ敵がノックバックしないところ。

挿絵がないとわかりづらいですね。でも面倒なので貼りません。想像しなさい。



あと味方の連携ですね。

代表的なのはアイスバーストですか。

これは敵が動けなくなる、かつ方向転換もできなくなるという優れたスキルですね。


味方の声を聞いてみましょう。アイスバーストを打つときの掛け声だけ覚えてれば十分です。

その声が聞こえた瞬間で構いません。サイドステップ踏んでみてください。

敵が振り向き切れず、かつ自分はもうすでに敵の横に回り込めれているという状況ができます。

あとは余裕を持ってハイドコンボいれてヘイトをがっぽり稼いでましたね。


ハイドコンボない人は知りません。姉様の経験です。あくまで。


疲れてきました。次行きます。

もうヘイトの引き方もなにもありませんが、立ち回りかたですか。

正直敵が一体だけの時なんて楽勝です。



では多数敵がいるときはどうか。

一転してとても立ち回りが難しくなります。



一番悪い例は、全員のヘイトを取ろうと無茶をすることです。

例えば敵が4体いることとしましょう。

すでにこちらには3体の敵が張り付いているとします。


ですがヘイトを取りきれず、1体がこぼれて遠くの玉ちゃんに向かっていったとします。


あわてて攻撃してヘイトを取ろうとその一体を追いかけます。


すると当然のごとく、自分に張り付いている3体もついてきますね。


そしてその3体が一斉に攻撃すると、自分は耐えれるかもしれませんが後衛職の方々にはひとたまりもありません。


流れ弾によって死にます。




ではもし自分からヘイトが跳ねてしまったらどうすればいいか?

1.プロボ

安定ですね。ですかこれ使うと残りの敵のヘイトを引くことが非常に困難になります。

状況によって使いましょう。

2.インサイト

敵のヘイトを一斉に引くスキルです。便利ですね。

ですが反面、SPが低いと2,3発で剥がれます。CTも30秒です。高レベル取得しましょう。

3.諦める。

ぶっちゃけ姉様が取ってた行動はこれです。あきらめましょう。

それより自分は残りの3体をなんとかするという気持ちでいてください。

しかも味方が一度攻撃くらってくれると、案外すぐにこちらに戻ってきてくれます。

ふらふらとだらしないですね。

結局、それを理解してくれてる味方がいないとこれもできませんが。




というように、敵のヘイトを完全に引くというのは、不可能です。無理です。

そのへん後衛職さんも理解してください。

あなたたちもステルスやらデコイやらブレイムやらスキルもってるでしょう?

ファイター助けてあげてください。









あとはファイターがやられると困ることを一応。


・「ファイターの立ち位置に重なってきて攻撃する。」

これ、地味かもしれませんが、とても困ります。


動いたら敵がバラバラになって状況が混乱する、そのままの武器振りの前進で進めなくなる。

といった、変な状況が生まれたりします。

時には武器の前進を見込んだリーチギリギリのスキルの振りをするとき。

重ねられると前進できずスキルが不発に終わってしまうということが多々経験あると。

姉様おっしゃっていました。


これ、火力もとれないヘイトとれない、ヘドバのときは敵の攻撃力を下げられず

自分の被弾が増えてしまいヘイト抜けが大きくなる、ヘドバがあれば一発では死なないが

ないと後衛職は一発で死ぬ。というデメリットがたくさんあります。

姉様は事情でスイープ使えなかったのでハイドヘドバ使っていたので。

スイープある人は羨ましいですね。


次にですね。

・「壁に押し付けているのに真横から攻撃して敵の位置をずらす」

これも地味ですが困ります。

説明はしにくいですが極力後ろの方も壁に押し付けるように攻撃してあげましょう。






















疲れてきました。






次です。

「ノックバック効果のある攻撃をされる」

上であげた壁におしつけるものと似ています。

なにかしら理由があって敵のヘイトを引きやすいように姉様は敵をまとめていたので

これやられるとヘイトを取りづらくなるので非常に困ります。

ほかのひともそういった立ち回りをするのではないでしょうか。

壁におしつけるのを手伝う、といった考慮は構いませんが、

なにも考えなしにそういったスキルや斧を振るのはやめておきましょう。














途中で疲れて面倒になったので適当になりました。ごめんなさい。


ぶっちゃけ味方の連携ないとファイターも割と脆いものです。

たしかに万能な職業ではありますが、やはり限度があります。


皆様もファイターを助けるような気持ちで立ち回ってあげれば大分変わると思うし、

自分の職業的な立ち位置も見えてきて面白くなるとおもいます。

是非意識して戦闘してみてください。

















まぁ、今は姉様ファイターではなく侍ですが。

ご迷惑おかけしております。



終わります。ご機嫌よう。
PR
コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 

すんばらしい☆

うむうむ。。。よくわかってらっしゃる!
さすがでございます!

というか、僕はゆきにゃーのファイターを見て育ったのでまさしく共感ですね!(師匠なのでw)

すごく要点がまとまってて、もう完璧っすよ!
そして、要所要所に吹きだしまくったからねwww

さすがゆきにゃーヽ(=´▽`=)ノ
  • チョビ さん |
  • 2013/06/16 (12:46) |
  • Edit |
  • 返信

烏龍茶…

なぜ烏龍茶・・・気になるw
全部読んでみたけど、だいたいPTにFIGいるときの戦闘で自分が気をつけてること書いてあった。さすがにチョビやゆきにゃーとよく組んで戦闘してたから慣れたのか・・・。
やられて困ることは、実はそのままシーフや忍者にも当てはまったりする。ハイドやバック入れづらくなったり、スキル使った瞬間に敵が吹っ飛んでたり・・・。

個人的にはいろんなFIGにこれ見てもらって、弱キャラが戦いやすいように立ちまわってもらいたい! 2発で死ぬキャラばっかりなので・・・。
  • N.P.C. さん |
  • 2013/06/16 (13:09) |
  • Edit |
  • 返信

すごく、わかりやすい!

とっても参考になりました!
いつも壁に押し付けてたんだね・・・。しらずに横から殴っててごめんね・・・。頑張って私もヘイトをとれる戦士になります!プリだけど!
  • たま さん |
  • 2013/06/16 (19:58) |
  • Edit |
  • 返信
  
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[04/09 MichaelKt]
[02/06 エルアキ☆]
[10/16 N.P.C.]
[10/16 D.]
[10/16 ダミ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ダブルゆきぽ。
性別:
非公開
職業:
秘密・・・?
趣味:
寝ること
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright ©  -- ねーさんのだらだら日記・・・ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]